« ファー民 吉野 の決断 | トップページ | さよならサラリーマン生活 »

2013年2月25日 (月)

さよなら週末農民

 4年間お世話になったこの千葉の畑とも別れの時がきました。
 毎年3月更新で2月いっぱいまでです。

 4年前、指をくわえ畑を見つめる私に、その畑の大先輩方が、「畑やってみんべっ!」と声をかけていただいたのがきっかけで・・・。

 まさかそんな自分が突然「おらっ!農民になる!!」なんて言い出したもんだから、その先輩方は皆びっくりです。

 「お前の葉物は売れるかー?」なんて言われて、私が本当に立派な農民になれるか半信半疑のようです。


 ここにいる先輩方、皆さん菜園経歴30年以上のプロの農家顔負けのセミプロ集団!

 そこに突然ポツンと最年少の私が入ってきたものだから(若いのは私だけ、その上は皆60代以上の大先輩)、いつも注目の的でした。(どれどれー、何作ってんだベー、何作ってんだベー (゙ε゙))

 そのおかげで皆様よりたくさんのご指導いただけたことは、今となっては貴重な財産となっております。

1年目の秋冬野菜たち

 ここにはたくさんの思い出があります。

 規模は小さいながらも、自然相手の厳しさを肌で実感し、それでも自分の愛情にこたえ育ってくれた作物たち。

 スイカなんて自分の手であんなにたくさん作れるとは思わなかった(゚0゚*)w

 残業で終電で帰ってきた日も、真っ暗闇の中様子見に行った甲斐があった。畑に寄って午前サマー!

3年目のイチゴ

 そして、就農後も課題の一つとなる、無農薬・有機栽培の実践。

 さらには種にもこだわり、野口さんのタネ屋まで固定種・在来種の種を買いに行きました!

 小さな環境だったからこそ実践できたこと(それでも大変だった!根きり虫にシンクイ虫に・・・)。

Dsc03740

 そして一番の思い出は息子と過ごした日々。

 4年間常にそばにいてくれ(一人じゃ寂しいので、無理やり連れて行くこともあったけど(笑))、3年目に入るころからは種まきから収穫までお任せしてました。

Dsc03741
 これから始まる家族の農民生活についてのコメントは特に頂いておりませんが、

 「よくわかんないけど、また畑に山を作ってトンネル掘っていいの(スマーイル!!)」

 いいよ!いいよ!これからもお手伝いよろしくね(^ー゚)ノ!!

こちらは1年目からず借りていた20坪分の畑。私の原点

 畑は綺麗にさら地に戻して、次の方に託します!

 次の方はどんな人だろう!?

 土は有機にはもってこいの良い状態ですよー(*゚▽゚)ノ


 (↓こんな4年間の週末農民の記録に、ポチッとね('-'*)↓)

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
 にほんブログ村

 ブログランキング

|

« ファー民 吉野 の決断 | トップページ | さよならサラリーマン生活 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

新生活」カテゴリの記事

コメント

息子さんの笑顔が最高です♪

ミミズやいろんな虫とお友達になれたことでしょう
新しいお家に行っても土遊びができるなんてうらやましいです

土いじりの気持ちよさは経験しないと分かりませんものね♪

いずれ彼がケイタさんをしのぐ農民になってくれたら
日本の未来は明るいような気がします(大げさ?(^_^;)

投稿: Lino | 2013年2月27日 (水) 09時34分

ありがとうございます!
息子は青虫も素手でつまんでくれますよー(笑)

また、大人では気付きにくい、子供目線での発見が多いんですよ!
葉の裏の変な虫を発見するのも早い!
バッタやトカゲを捕まえるのも上手になりました。

最近はTVゲームやココログ?のほうが夢中のようでもありますが(笑)

これからの農業生活、息子に手伝いを強要するつもりはありませんが、鳥取での成長も楽しみです。

投稿: ファー民 ケイタ | 2013年2月27日 (水) 15時28分

どの野菜も葉っぱの色が濃くて立派な出来ですね!
畑の先輩方に囲まれて、手取り足取り
随分とご指導をいただいたのでしょうね。
かけがえのない4年間でしたね!
更地に戻ってしまった畑、
寂しいですが、無限の可能性を秘めて
また次の方へとバトンタッチされてゆくんですね。
畑の地面は地球そのもの。
そこに触れて育った息子クンは幸せだと思いマス。
虫とも仲良し。
この時期でないと経験できないたくさんのことを
きっとこの畑から教わったことでしょう。
ケイタさんは今日で会社通いの生活とお別れですね。
いよいよ次のステージが待っています!
ファイトッ! \(^o^)/ 

投稿: ひまわりっこ | 2013年2月28日 (木) 16時16分

ひまわりさん、いつもありがとう。
この4年間は、とても良い経験になったと思います。
栽培方法もそうですが、同じ畑をする仲間との助け合い。
これからいく農村の暮らし、地域性が大事ですし、自分ひとりだけの力だけでは無理なことも、地域の仲間と共に助け合いが不可欠です。
それもひっくるめて楽しんじゃいますよ!!

投稿: ファー民 ケイタ | 2013年3月 1日 (金) 02時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さよなら週末農民:

« ファー民 吉野 の決断 | トップページ | さよならサラリーマン生活 »