« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月の9件の記事

2017年11月30日 (木)

スクスク農場のお豆達、大移動です (゚ー゚)

今年も山陰のどんより天気が定着し、

つかの間の晴れ間にお豆達を動かす!

Rimg5452
大豆"小林在来"は、今年も無事収穫前渡しで契約履行!!

今年もきれいに収穫していただき、運んで帰っていただきました~!!

Rimg5457
引取り先のNPO法人さんは、

障害者施設の運営もされていて、その作業施設でお味噌作りに使っていただいております。

Rimg5453
今更気付いた、これも農福連携の一環に貢献してたんだなぁと^^;

Rimg5460
Rimg5454
(一部はスクスク農場用にもストック! 今年はお豆腐屋さんにも豆を持ち込みして、お試し依頼をお願いしてみたい予定です。)


Rimg5462
もうひとつ黒大豆の"鷹狩黒"は、また別の障害者施設へ持ち込み、こちらは豆取り出し作業依頼!

Rimg5461
数回往復で作業所に持ち込み、

Rimg5486
一つ一つ丁寧に豆を取り出していただく姿にとても感謝です!!o(_ _)o


落花生も、今週末のイベント用に収穫は最後の一列になり!

Rimg5481
黒大豆"鷹狩黒"区画がスッキリでヽ(´▽`)/

Rimg5525
大豆"小林在来"区画もスッキリと(゚▽゚*) (今年は雑草がひどかったが^^;・・・)

さて次は、雪が積もる前に綺麗に耕耘整地作業を済ませておこう・・・(゚ー゚;



にほんブログ村


(↑↑雪が積もる前といえば、野菜圃場は最後のお芋"たけのこ芋"の収穫が残っていて、パプリカ/落花生区画も片付けて、白ネギ以外の全ての区画を耕耘・整地作業しておきたい所・・・。 なんだか今年は早くから雪降りそうだし、残される白ネギ達の雪害対策もと、雪降る前の作業が全て思ったように間に合うんかなと、とても心配になってきた自分に、いつもの上、ランキング応援クリック、ポチッとね↑↑)

Rimg5512

Rimg5511_2

そしてこちら果樹園憩い地区も、モミジ/カエデ並木を中心に大集合していた苗木達を、半ば無理矢理(^^;) どうにか植樹完了で!!

次は、2本目のモミの木を今年中に、そして、春先にイチョウの木を数本予定です!!

Rimg5522

・・・そして、白ネギの夏ネギ区画が今更にしてきれいになくなった (;´▽`A``

次、秋冬ネギ区画本番です!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月26日 (日)

今年も白ネギならいつでもございますよ!! 宣言いたします o(_ _)o

最近ひたすら雨続きのどんより山陰地方・・・

Rimg5411
とりあえず雨の中でも出来る事は白ネギ出荷調整だよと、白ネギばかりの毎日を送りながら、

せっかくならこれを機会にもう今年も、

Rimg5407
白ネギならいつでもございますよ!! 宣言をいたしました (゚o゚ )

就農3年目で、今年が一番遅い宣言となりましたね (゚ー゚;


昨年になじみのお客様とさせて頂いておりました、

鳥取市内の飲食店様の方々や、

僕の果樹園庭造りの師匠でもあり、様々なお稽古事の先生でもある教室の生徒さん達のサークル・グループ購入や、

そして鳥取市内にアトリエを構える、とても素敵な童画家さんを通して、沢山のお友達の方々への発送や・・・

などなどを中心に、他にも沢山のお客様方!

はたして今年も引き続きご愛顧いただけるのか!? 最初はドキドキしておりましたが・・・

Rimg5442
それぞれに早速のご注文が始まり、感謝・感動をしておりますm(_ _)m

Rimg5436
農協出荷や各直売所などを中心としながら、少しずつ直接のお客様を増やしていく努力をこれからも日々続けながら、

白ネギ等のスクスク農場の野菜作物は地産地消を中心に、

Rimg5431
そして来年からの果樹園地区の梨や、野菜圃場のビニールハウス建設次第のネットメロン等は、逆に全国中の皆様へと届けられるよう、これまたこれからの努力、日々精進でございますo(_ _)o



にほんブログ村


(↑↑その反面・・・、我が販売サイトでの白ネギ通販については昨年まではどうもイマイチでございました・・・^^; 確かに個人宅に箱売りでネギだけを何束もまとめて大量に、送料かけてまでそんなに要らないよね~^^; 最近は農産物のネット販売の向き不向きもよくわかってきたような!? なので今年は販売サイトの作り込みが優先順位からどうしても後回しになってしまっております・・・。 それでも全国のどこかにきっと居てくれてるであろう.(!?)極少数のファンのためにも、今年も何かしらもう一工夫を加えながら販売サイト準備検討中~ではおります自分に、いつもの上、ランキング応援クリック、ポチッとね↑↑ もちろん!! 個別の問い合わせ等は、TEL/FAX、SNS等やブログサイトの左側サイドバーのプロフィール写真下の"メールを送信"からでも気軽にくださいませ~m(_ _)m ↑↑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月23日 (木)

果樹園憩い地区、残る苗木も早く植え付けたいよっ!! (゚ー゚;

先週末からの雨続きで、山陰のどんより天気冬模様入りした感ですが、(゚ー゚;

Rimg5303
どうやら今週いっぱいは、お豆達の作業依頼も延期模様・・・(;;;´Д`)

Rimg5397
こんな時に少しでもネギ出荷作業を進めておこうよと思いながら、

Rimg5291
雨の様子を見ながらもう一つ進めておきたいのが、裏庭集結中の苗木達の果樹園地区への植え付け!

Rimg5298
イロハモミジのミニ苗まとめ買い10本をはじめ、

Rimg5292
こちら、花と小さな実を観賞用に楽しむリンゴの木として姫リンゴ

Rimg5299
そしてしだれ桜をもう一本!の自分リクエストに、平安しだれに続き今回は菊しだれ!!

もひとつおまけに!

Rimg5306
雨の止み間に、庭造り師匠の自生苗裏山ストックヤードにある数々のストック苗から、

Rimg5309
Rimg5315
今回はトウカエデの大苗をなんとなく剪定してから一生懸命に掘り起こし、

Rimg5317
3本いただきました!!(゚0゚ )

Rimg5326
さて今回の役者はそろったぞ!! と、早速それを果樹園の山に持って上がっては、モミジ/カエデ並木造りをしようよという所で!

さぁて、ここからがセンスを問う悩みどころか・・・

Photo
だいたいのイメージ図は書いていたりするんだけれど(↑画像クリックで拡大するよっ^^)、

Rimg5328
モミジ/カエデ並木はこの駐車場コーナーの角から奥左側へと、将来の建物の大きさや位置もイメージしながら、その将来の建物入口までの道のり空間をデザインする!? みたいな(゚ー゚;

Rimg5350
とりあえずは並木ラインを足踏みしてみたりしましたが、

Rimg5352
ところが、2回目の丁寧な耕耘直後の大雨続きで、土がドロドロの田植え前の代かき状態だっ^^;

Rimg5330
これは植え付けは断念と、トウカエデの大苗は隅に仮伏せしておいて、

Rimg5361
イメージはふくらまし続けながらも、植え付け予定位置に印だけをつけておき、植え付け準備はバッチシにしておいて、天気と土の様子を見ながら、焦る気持ちを抑えながらも出来るだけ早く植え付け完了にしたいと思います!

僕のこのイメージが、また数年以上後になる将来にバッチシとハマっている事を祈って・・・

Rimg5384
Rimg5385
そして、となりの梨園内も落葉が進み、樹下ナギナタガヤもようやく再生サイクルの縄張り争いが優勢に落ち着いてきた感^^

Rimg5345
そろそろ剪定作業の予定も頭に入れながらも(↑こちらジョイント栽培剪定指導会参加の様子(゚o゚))、

Rimg5401
今年も馴染みのお客様の注文が入り始めた所で、

とりあえず少しでも白ネギ出荷作業を進めて行こう・・・(;´▽`A``



にほんブログ村


(↑↑山陰地方でも早速、雪の心配の話もちらほらと・・・^^; 車のタイヤもそうだけど、昨シーズンのような白ネギ被害は出さないようにと、白ネギ冬支度も動き出さないとか~(;;;´Д`)ゝ と、とにかく白ネギ以外の収穫物全て片付けてからと、年々と年末のバタバタ度も増し続ける自分に、いつもの上、ランキング応援クリック、ポチッとね↑↑)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月19日 (日)

白ネギ出荷作業も、裏庭ようやく本気モード突入!?(゚ー゚;

Rimg5289
今シーズン初の、裏庭は白ネギ出荷作業の本気モード突入か!?

今週末は雨続き予報だったのと、



https://tottori-brotherandsister.jp/

鳥取市ワーホリ体験生受け入れ2回目で3人目の妹をお迎えすべく、雨降りなのでもうネギ三昧の体験にしちまおうと!

Rimg5247
ついでだからうちのネギ鍋も食べていきんさいと、夜までネギ一色で^^;

Rimg5255
そしてまた僕に一人妹が出来ましたよ!

Rimg5265
Rimg5267
Rimg5272
僕が鳥取の兄さんです!!^^

そして今回この件を取材したいとNHKさんも同行で、

この模様をNHK中国地方版で、12月2日朝7時半の番組(おはよう中国!?)のニュースで先ずは使われるそうですよ。

酔っ払って調子こいた俺と、あのネギ鍋も放送に流れてしまうのかは!? 中国地方の皆様、その日をお楽しみに^^;


さて!

Rimg5217
週末の雨降り予報の前に果樹園地区の憩いの広場計画地は、2度目の耕耘作業!

Rimg5219
遠目からではわかりづらい、イノシシ耕耘の威力がかなり深くボコボコと、

Rimg5228
僕の油漏れトラクターの威力では、1回で平らにはならずして、

Rimg5240
Rimg5235
しかし今回はもうこれで納得して、次!! モミジ/カエデ並木計画に入りたいと思います!!

Rimg5170
そして、お芋達の仕分け作業を開始し、

Rimg5243
Rimg4823
野菜圃場も次の週には残るお豆達の収穫や豆取り出し作業のそれぞれを、農福連携でそれぞれの場所にお願い!

Rimg5205
ようやくお豆地区もスッキリとしてくる予定です!!



にほんブログ村


(↑↑ネギ鍋の会では、自分の家にいる油断からか!? 久々に相当の酔っ払いで、案の定の酷い二日酔い・・・。そのため早速の白ネギ出荷調整本気モードも失速・・・^^; まぁたまには二日酔いもいいかぁと思いながらも、この酔っ払いシーン(兄弟の契りのサインをしたシーンも、その時既に記憶あいまい、名前を書いた記憶無し・・・^^;)も散々NHKのカメラ回ってた思うし、その様子も放送に流れてしまうのかが、チョイと心配な自分に、いつもの上、ランキング応援クリック、ポチッとね↑↑)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月16日 (木)

春ネギも、とうとうお薬です・・・

ここで春ネギ達もさび病対策、遂にお薬を実行!!

Rimg5136
10月に入ってからこちらもポツポツとさび病発見しておりましたが、

Rimg5139
春ネギでは急に蔓延が広がる事はなく、見つけてはもぎ取り作戦で今日のこの日まで・・・

Rimg5142
しかし、蔓延は無くとも、完全に消えることもなく、半永久的に続くこのもぎ取り作戦にも終止符を・・・

さび病さえ出さなければ、春ネギなら無農薬で行けると確信!? しての行動でしたが、

種蒔きからカウントして約8カ月目にして、やっぱりさび病だけにはかなわないやと今年はここで断念いたします(^-^;

Rimg5146
農業を始めて薬を使うようになっていろいろ考えるようになった事。 例えば・・・

人間は、自らの命を守り生き長らえるために、自分自身の体にはやたらと薬を使う気がするけれど、

農産物など食として口にする物に対しては、農薬を始め化学物質を使ったものはできるだけ避けたいもの。

なので、生産者としてもそこには気を使うようになるのですが、

やはり医薬は善で、農薬は悪になるのだろうか!? とか、

そもそも、医薬と農薬を同じ=(イコール)にして考えてはいけないものかな?? とかとか・・・

Rimg5188
この春ネギ達も、今回のさび病だけでなく、これまでお約束の病気は全てにかかり続け、時期ごとのお約束の虫達にも切られ、かじられと、辛抱をさせながらさんざんな姿を見せ続けていたけれど、

もしもこの春ネギ達が同じ人間だったとしたら、もっと早くから薬が欲しかったと言っただろうか?

そんなこんな思ってみたりしながらも、今回の結論は!

結局、情報発信をしている者としては、どちらに転ぼうが自分を美化したいもの。

このまま無農薬で収穫までたどりつけば、どうだすごいだろうと自慢にするわけだし、

今回のような場合でも、薬を使う正当性を説いて納得を頂きたいというとこか・・・^^;

農薬について特に論じる事が出来ない僕にとっては、結論はそんなとこだろうか(;´▽`A``


さて、

Rimg5172
Rimg5176
Rimg5181
お芋系は"えび芋"の収穫が終り、残すは"たけのこ芋"のみですが!

Rimg5180
Rimg5207
いまだ収穫のタイミングが読み取れていないこの"たけのこ芋"は、根元が本当にタケノコっぽくなるまで今年はもうチョイ置いといてみる!

Rimg5198
パプリカ下の落花生も残りあと3列になり、黒大豆"鷹狩黒"も収穫準備順調! 大豆"小林在来"も味噌加工用で来週契約先引き渡し予定! 今年は一部を豆腐屋さんにもお試し利用お願いできるかどうか!?・・・と、白ネギ以外がほぼほぼ目途が付く!

Rimg5196
落花生が想定外に好評で、それなら来年は品種を増やしてパプリカの下でリレー栽培してみるか!? と、只今調子コイている最中です(^-^;

Rimg5156
さぁ、病気病気言ってないで、元気になった白ネギ収穫のピッチを徐々に、徐々に、上げて行こうじゃぁないかぁ!!(゚ー゚)



にほんブログ村


(↑↑白ネギ収穫のペースが、今年が一番遅いんですよっ!! やりたいことが多すぎて、年々と少~しずつ無理が出て来ているでしょうか!? さすがにもうそろそろ、優先順位を白ネギ先頭に入れ替えていきたい自分に、いつもの上、ランキング応援クリック、ポチッとね↑↑)





| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月12日 (日)

果樹園憩いの広場区画、やっと耕すことが出来たぁ(;´▽`A``

Rimg5041_2
Rimg5043
果樹園地区の庭作りでお世話になっておりますガーデニング師匠のお宅では、様々な苗物を用意してくださっており、

先ず手始めに、すぐに引っこ抜けるような幼苗木と、

Rimg5045
庭中のあちこちに自生して増えすぎてしまっている"芝桜"や"玉竜"を、問題の無い限り整理させていただきながら暇をみては少しずつ、掘り、抜き、我が園へ移植させていただく事になりました!(゚o゚ )

Rimg5050
こちらは両方共に、うん万円単位で予算組しようか考えていた所なので、無償でいただける事にものすごーくうれしく感謝です!! ありがとうございますm(_ _)m

さて、早速果樹園の山へ移動しては、

Rimg5055
Rimg5056
幼苗は、植え場所を決める前に憩いの広場の隅にとりあえずの仮り伏せ。

Rimg5062
Rimg5063
玉竜は、舗装通路、梨園表側の電柵下を奥まで縁取り計画!

Rimg5070
芝桜は、逆に梨園裏側の、例の下り法面からの"クズ"の攻防戦地区!!

Rimg5073_2
こちらも先ずは電柵下を奥へと縁取りで、クズとの境界線攻防から始めて、いつかは法面へと下っていきたいよね~!!^^;

なので玉竜の縁取り制覇が3ヵ年計画だとしたら、芝桜の方は15ヵ年計画といったとこでしょうか・・・^^;

Rimg5085
そして、次の"モミジ/カエデ並木計画"大作戦の前に、やっとのことでこの憩い地区を耕耘・整地作業第1回戦!

Rimg5088
先ずはイノシシ耕耘のボコボコを整地する感じで、

Rimg5095
一度きれいにしましたよ!(゚0゚ )

Rimg5093_2
もう一回平らに均衡をとる感じで丁寧に耕耘出来たらと思っておりますが、とりあえずはここまでで一度スッキリとヽ(´▽`)/

Rimg5098
僕の中では、お隣りの梨園自体もがガーデニングの一環になり、その基調と合わせながら、こちらも新たにじわじわと、じわりじわりと、庭造りが出来ればなぁと・・・

Rimg5100
Rimg5108
しかし、サラリーマン時代を考えればマンションのベランダガーデニングが精一杯な所だよねと思っていたけれど、

Rimg5113
気が付けばこんな広大な土地で、思いっきり庭造りが出来るようになるなんて、想像だにしていなかった・・・



にほんブログ村


(↑↑そして、モミジ/カエデ類の苗木が、サイズ大小合わせて14本程集まっておりまして、この憩いの広場区画に将来の姿を想像しながら並木道っぽく植え付けようと思っているのですが・・・。 将来の建物までの道のりのイメージも入れながら、センスが問われる第一歩目を、年内植え付け完了させたい自分に、いつもの上、ランキング応援クリック、ポチッとね↑↑)

Rimg51252

そして、スクスク農場最後の梨は"王秋"に収穫時期来ておりましたが、

Rimg5127

これまでに何度ものカラスとの攻防戦で、結局最後は収獲数5玉で決着~ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

Rimg5132

とてつもなく貴重な梨となり、予定していた方々に贈ることが出来なくなった今年の王秋ですが^^;

Rimg5134

それでもどうにか大抽選で!? 必ず誰かには届けたい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 8日 (水)

芋掘りも落花生も収穫後半戦に突入~!!

Rimg5012_2
Rimg5036_2
里芋3種類は一番手"石川早生"が収穫終了で、

Rimg5009
Rimg5035
次に"えび芋"準備で、掘り起こしてひっくり返し準備完了でお芋後半戦~

Rimg4917
落花生は、玉ネギの時みたいに家の裏側に干し場所を求めるのはもう止めて、

Rimg5025
You Tube で見た、千葉の落花生農家さんの見よう見まねで、現場で積み重ね乾燥開始!

Rimg5031_2
その合間に、ちょいちょいともぎ取りながらも、生落花生で地元の人々にプレゼントしたり、イオンや直売所にも並べてみたら、

Rimg4921
これが予想外に売れるもんで、チョイとビックリ(゚o゚ )

Rimg5034
それなら出来るだけ生落花生の出荷も頑張ってみようと、毎日チョイチョイとこちらも後半戦突入~!

Rimg5026
その合間に、ネギもチョイチョイ、黒大豆もチョイチョイと・・・(^-^;

なかなか一気に片付く感じではありませんが、全体的にチョイチョイと進んでいますよ(゚ー゚;

Rimg5015
そして野菜圃場に来たら毎度の日課にしていた、白ネギは"さび病"朝市30分チェ~ック!!

Rimg5014
この前の大雨から久々にまた、ポツン、ポツンと、さびポツ発見でもぎ取りちゅ~!

先輩農家さんもビックリの超早期発見、葉っぱもぎ取り作戦中ですが、

さぁて、厳重注意しながらも、本収穫前の最後にどう対策しようか、もう前向きに検討中~!!



にほんブログ村


(↑↑そんな中、果樹園地区のいこいの広場作りの苗木達が次々と大集合~! 僕の庭造りの素敵なマダム師匠も、自らの素敵な庭から次々と苗木を提案・準備してくださり、メモしないと名前も覚えきれないくらいの種類です^^; 今シーズンの雪が降るまでに、作業場ハウス、石畳駐車場(こちらも重機助っ人待機ちゅ~)、そして様々な庭木の移植等、どこまで出来るのかは毎年のごとく怪しさ残りますが、空間イメージ、配置のセンスを磨く作業が最近何だか楽しい自分に、いつもの上、ランキング応援クリック、ポチッとね↑↑ 先ずは全面耕耘整地作業をどこかで早くっ!!↑↑)



| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年11月 5日 (日)

果樹園はナギナタガヤ再生任務完了!! そして野菜圃場は山の芋の収穫終了~!!

果樹園はナギナタガヤ再生プロジェクト最終仕上げ!

Rimg4945
園内通路部分の草刈りで、樹下ナギナタガヤ区画境界線部分の初期生育救出作戦です!

Rimg4946
ナギナタガヤ草生栽培が丸一年経過して、初めての再生サイクルに入って気付いた事。

Rimg4947
部分草生栽培では、発芽再生時に通路部分の雑草との縄張り争いに負けやすい事・・・^^;

園内全面にナギナタガヤをしてしまえば、この問題はなかったかもしれませんが、

Rimg4977
これからは毎年、この境界部分の再生に気を使わなければ、年々ナギナタ草生区画が縮小余儀なく・・・!?

Rimg4955
そのため、その境界線部分に沢山の種を落とすようにしたり、除草作業&草刈りで下に隠れているナギナタガヤを救い出し続けたりと、今年思い付いた全ての手は尽くしたつもりですが!?(゚o゚ )

Rimg4949
そしてその答えは来年の春に!(゚0゚ )、出ますねっ!!(゚ー゚;


Rimg4983
さて、間に一日雨が降りましたが、そういう時にネギ作業をガツンと入れるようにしまして、この時期は晴れでも雨でも外にいる毎日ですが、

雨上りの翌日からお芋達の収穫を本格的に開始!

Rimg4988
Rimg4992
里芋は"石川早生"から掘り起こして裏返しにし、土が乾くようにしておいてと、

Rimg5001
Rimg5002
Rimg5005
そして、山の芋を手で一つ一つ丁寧に掘り起こして、

Rimg4999
先ずは山の芋の収穫から完了したぁ・・・!!\(;゚∇゚)/



にほんブログ村


(↑↑前回から勢いをつけ始めたのは良いけれど、勢い余って風邪も引く(;´д`)…、だいたいこのパターン、子供達から風邪を頂くのがお約束なのですが^^; ここで気を抜いてはいけないと、珍しくしっかりとお薬飲んでは雨の日に多めに睡眠取って、大丈夫!! 勢い落とさず11月はこのままガツガツ行こうよの自分に、いつもの上、ランキング応援クリック、ポチッとね↑↑)

草刈りをする度におもう・・・、この梨の木のジョイント栽培仕立ての列に沿うナギナタガヤとの光景。

Rimg1478

Rimg1890_2

(↑梨の枝葉の成長と共に勢いよく成長するナギナタガヤの春・・・)

Rimg2186

Rimg3543

(↑梨の実の肥大にまかせ、自ら朽ち果てていくかのようなナギナタガヤの夏・・・)

Rimg4144

Rimg4954

(↑そして梨の収穫も終わり、梨の葉の枯れ始めに入替わるかのように再生を開始するナギナタガヤの秋・・・)

この二つの組み合わせのコントラストが、四季折々に我が園独自の光景を見せてくれている・・・気がする (゚ー゚ )

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月 2日 (木)

野菜圃場は落花生の収穫を開始!! そして果樹園地区も整備を再開~!!

11月に入る頃に、やっとですね^^;

Rimg4809
順番待ちの収穫物たちは、落花生から開始です!

Rimg4812_2
Rimg4814
こんなに大量に収穫までを想定していなかった、これ草生栽培コンパニオンプランツ。

収獲方法もよくわからないまま、ネット情報を自分なりに解釈で、

Rimg4823
実付きの良いものはそのまま持ち帰り玉ねぎ干場へゴー! 保存&来年の草生栽培用に。

Rimg4825
Rimg4821
Rimg4829
実付きの悪いものは現場乾燥のつもりで、その場に積み上げながら必要な分だけ取って持ち帰り、残されたものには今年のニューフェイスでカラス対策。

Rimg4836
しかし14列の内2列の収穫で、持ち帰り分サニトラ荷台もう満パンで、

Rimg4919
サニトラ2往復で自宅裏庭メイン干し場もう満パン・・・

ヤバい!! 自宅でバターピーナッツを楽しむには予定外の収穫量だ!!(゚o゚ )

まだ余裕に半分以上残る収獲方法は次回以降に検討~!


さて、

Rimg4852
果樹園の方では、ナギナタガヤの再生機能不全地区が一部はっきりとしてきまして、

Rimg4849
このタイミングで最後の最終手段に、なけなしのもう一袋種追加購入で、ギリギリ最後の追加播種!

Rimg4853
Rimg4854
来年はしっかりと採種しておこうと誓いながら、最後の種蒔きは丁寧に、バーク質の堆肥と混ぜ合わせ水分湿らせて、中耕しながら土と密着しやすいように種まいた!

Rimg4845
そして裏庭に集結中の様々な苗木達からは、

Rimg48731
九尺藤の植え付け!

Rimg4874
Rimg4878
これは何れ藤棚が必要になるので、先ずは簡易に棚施工出来そうな果樹園内裏側のちょうど良い空きスペースに1本目!

Rimg4929
この苗木には一つだけポツンと実が付いておりまして、これで増やせるものなら種から増やしてごらんなさいと言われているような気がして、種取りしてみようかと・・・

9syakufuji
そしたら、何れこんな風にドカンッと仕立ててやろうか!? とは思うけれど、

少なくとも、自分が生きているうちにここまでにはならないのも・・・確か\(;゚∇゚)/


・・・そういえばその近くに、一時葉っぱが0枚になってしまったレモンの木も、今年1年でここまで立派に(゚0゚ )

Rimg4883
来年こそは自家製レモンサワーいけるかな!?ヽ(´▽`)/


そしてもう一つ!

Rimg4896
こちら、アジサイの苗達!

実は今年の春先にふとアジサイの挿し木の情報ゲットいたしまして、

Rimg2463
Rimg2461
そういやこの家の表庭に、今まで目にした事の無い素敵なアジサイが咲くんだよねと、

Rimg2907
そこから拝借して挿し木を挑戦していたら、これが上手くいってくれたので、

Rimg4899
これを奥の憩いの広場角地、道路沿いの生け垣に出来ないかと列に植え付けた!

Rimg4905
奥の広場に全面耕耘作業を入れてから植え付けたかったけれど、アジサイの方がそれを待ってはくれなかった・・・^^;


そしてそして、

果樹園内に土壌改良剤&元肥の投入も開始! 一番手には窒素成分肥料を除くその他の要素から~!

Rimg4887
まだ成園化前もあって、自分なりに地力の様子を伺いながらも、JAの栽培暦比で窒素成分量中心に半減イメージ。

特に石灰質肥料に関しては、カルシウム分の補給イメージをメインに、効き方で2種類ご用意^^

Rimg48903
今年から圃場でPH値を見てみるようになりまして、だからと言ってそれで施肥量を数値計算できるわけでもないのですが(^^;)、ただ何とな~くの判断で、これら4種全ての肥料に酸性矯正効果もあるし、JA栽培暦比で石灰質肥料もかなり減らせるイメージでいます。

そんな感じの何とな~くで、白ネギの肥料達もJA栽培暦比で全体的に3~4割程度減で今年は作れています^^

Rimg4925
また、初期生育中のナギナタガヤへの肥やけの影響も考慮しながら、発酵の度合い等、穏やかに効いてくれそうな有機質肥料をポイントポイントでチョイスして、微量要素も良い影響を与えてくれることに期待しております^^



にほんブログ村


(↑↑11月はこのまま天気もよく、作業もテンポよくガツガツと行きたい所ですね(゚ー゚)・・・。 久々に果樹園地区での作業に山に入ったけれど、やっぱりここにいるのが一番楽しくて癒しを感じる日々!! 野菜圃場に下りればやらねば使命感にかられてストレスが溜まる一方なのでしょうか^^; この果樹園地区だけで生計が立つようになること! それがとりあえずの第一の目標になる自分に、いつもの上、ランキング応援クリック、ポチッとね。↑↑)

次は、

Rimg4893

Rimg4932

野菜圃場は落花生の収穫を続けながらも、お芋達は次回の山の芋と、里芋"石川早生"の収穫準備!

Rimg4862

Rimg4864

果樹園地区は、ナギナタガヤ境界線対策で、もう一度草刈り作業だな!

Rimg4923_2

そうこうしているうちに、奥の憩い地区の耕耘作業にも入れるだろう・・・!!

Rimg4937

そして帰るときには必ずネギを持ち帰る・・・

うんっ! イイ感じに忙しくなってきたぞっ!!(゚ー゚;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »