« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月の5件の記事

2018年7月29日 (日)

台風対策でバタバタと今週は... 結果特に何も被害なくて良かったなぁ (゚ー゚ )

台風12号の接近情報。

鳥取にもやってくるよの情報で、急きょ台風対策に転じた今週でしたが、

Rimg8406
梨園の方は、常に対策を講じている状態にあるつもりなので、このまま行くよ大丈夫!

Rimg8407
憩い地区の苗木達の支柱ケアをして、あとは園内果実の落下が少なく済むことを祈るだけにしておきまして・・・

Rimg8405
(こちら梨園は、夏の管理作業がほぼほぼ終了宣言で、草刈り作業を入れたら完成形としたいと思っております。 樹下ナギナタガヤとは別に、今年はクローバーを中心とする匍匐系の雑草草生で、通路の雑草を低く抑え続けることに成功。 5月の草刈りからこれでおよそ3か月!! 草刈り作業を軽減することになりました! 来年も引き続き果樹園草生栽培の研究を続けてまいります^^ )


なので野菜圃場に下りては、

Rimg8335
Rimg8339
先ずは高温・乾燥続きで予測通り不調となったパプリカも、とりあえず台風来るまで梨園に続いて夜な夜なのかん水作業宣言!

Rimg8371
Rimg8379
Rimg8403
そんな中でもどうにか収獲作業、4色目に突入しておりますよ!


そして今年は梨園の作業とタイミング会わずで放置状態の白ネギ達。

Rimg8349 
草ボーボーアゲインの冬ネギはそれでも元気なのでそのまま雑草に支えられて頂いて、

Rimg8347
猛暑の中では禁じ手、春ネギと秋ネギの土いじりを決行!!

Rimg8341
これまで土上げのタイミングを外し続け、首元もプランプラン状態のネギ達に、この時期ガッツリとはいけないので、気休めの作業にはなりますが、首元土上げ作業を...

Rimg8384
Rimg8386
Rimg8396
Rimg8399
台風対策の名目もありますが、来年以降の梨の作業との両立を考えた時の対策もふまえての実行です。

そして、暴風で最初に必ず倒れ始めるのが大豆達。

Rimg8414
こちらもこれが良い機会だと、2巡目の土上げ作業です。

Rimg8416
Rimg8420
Rimg8353
脇役作物の彼らでも、立派なお味噌やお豆腐になってビッグになる野望を持って頑張っておりますゆえ、作るからにはどの作物も平等にケアしていくつもりで...

さぁて!! その他各作物の支柱まわりのチェックもしてと、

今年も台風の戦いが始まったばかりなのねーと構えておりましたが、

翌日... 今回の台風は、特別な被害なしで無事通過の様、ホッと肩をなでおろしましたが、

Rimg8426
梨を始め収穫物のほとんどが秋からに控えているスクスク農場の農産物。

Rimg8433_2
まだまだ気が抜けませんなぁ(;´▽`A``


http://farmin-keita.cocolog-nifty.com/blog/nashi.html

(↑↑只今、梨の予約販売の案内中でございます↑↑)

https://tottori-ichi.jp/tenpo.php?id=711

(↑↑そして、販売サイトに直接はこちらになります↑↑)



にほんブログ村

(↑↑台風接近までの猛暑の間、毎度の事対策対策とハリキリ過ぎで、そしたら台風過ぎたらどっと疲れが来て、どうもバテ気味症状出てますかね^^; おかげで予定していた作業が少し前倒しに進んで、8月は少しでも販売準備対策取れるでしょうかと、梨の収穫開始まで、少しはゆったり作業に期待はしたい自分に、いつもの上、ランキング応援クリック、ポチッとね↑↑)

只今子供らは夏休み突入で、この時期の農作業昼休憩は川へと海へとですヽ(´▽`)/

Rimg8359


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月22日 (日)

酷暑続きの中の草刈り三昧です (゚ー゚;

猛暑続きで、今度は雨が降らない毎日が続くのを心配しておりますが...

Rimg8307
そんな中、猛暑の中の草刈り三昧続けております(;´Д`A

Rimg8309
野菜圃場の厄介な部分が一通りスッキリとしまして、

Rimg8261
Rimg8267
Rimg8285
Rimg8297
大豆区画も一度目の整理がつきました!!

Rimg8312
(ひまわりも満開ピークを過ぎる頃で、これから花が枯れていくのを見るのが残念だなと思う毎日です(u_u。))


さぁて残すは、今年は手付かずの白ネギ区画の雑草対策はどうしようかな!? というところで・・・(なんだか手間かけるよりも、放っておく方が、この季節のネギ自体は元気は良いようなぁ...)

Rimg8302
Rimg8317
いったん果樹園地区に上がってはこちら、憩いの広場予定地区も実はかなりの草ボーボーでして^^;

Rimg8320
ヤバい!! 昨春までに植樹していた様々な苗木達を救出せよ大作戦!!

Rimg8322
Rimg8324
さすがに手強い所まで草を伸ばしてしまっておりましたが、苗木達は皆無事で、

Rimg8328
Rimg8331
このスッキリした光景を見る度に、次はここに何を仕掛けようかと妄想に夢広げております (゚ー゚ )


さて、そのお隣り梨園では、網掛け施設の下、

Rimg8275
栽培比較検討用、主要3品種、約5列分の袋掛けが終っておりまして、

Rimg8256
この晴天続きの中、こちら梨を中心にひたすらの水やり作業を続けております。

収穫を開始するその日まで、更なる品質向上を目指して、天候とも戦い続ける...。

Rimg8257
そして、梨の実の着果量最終チェックをして、夏枝新梢管理の見直しをして、

Rimg8280
収穫前の園内草刈り大作戦実行で、今シーズンの完成形に! なるんですっ!!(゚o゚ )


http://farmin-keita.cocolog-nifty.com/blog/nashi.html

(↑↑只今、梨の予約販売の案内中でございます↑↑)

https://tottori-ichi.jp/tenpo.php?id=711

(↑↑そして、販売サイトに直接はこちらになります↑↑)



にほんブログ村

(↑↑農作業をするのに、日中外出は完全に危険な状態の毎日となりましたが!!(;;;´Д`) それでも足りない時間を上手にやりくり、わずかな時間で効率農作業で頑張っている自分に、いつもの上、ランキング応援クリック、ポチッとね↑↑ しかしこの猛暑晴天続き。 梨園のかん水作業で手イッパイな中、野菜圃場の方も水やりしてあげないと、そろそろ何か異変が起きそうな、嫌な予感・・・(;´д`))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月15日 (日)

梨は予約販売の注文を受け付け開始いたしました!!ヽ(´▽`)/

農業経営を開始して4年目の今年に。

我がスクスク農場は、ついに梨の販売デビューいたします!!

Dsc09102
Dsc09175
Dsc19360
 (2014年秋、放棄地開拓が終了~(;;;´Д`)ゝ)

振り返れば、梨園作りはこの放棄地の開拓からが始まりでした。

そして...

Dsc10323
 (2014年冬、苗木自主育苗スタート!!)

Rimg2551
 (2015年夏、育苗主枝先端4m到達っ!!)

Rimg41112
Rimg4111
 (2015年秋、果樹棚設置工事開始!)

Rimg4624
 (2015年冬、土壌改良開始)

Rimg5057_2
Rimg5141
 (2016年冬春、苗木植付穴準備)

Rimg5200
Rimg5280
 (2016年春、育苗苗木運搬)

Rimg5273
Rimg5256
 (2016年春、苗木植付、整枝。 新たな仕立て方法、ジョイント栽培での成園化スタート!!)

Rimg5281
 (2016年春、苗木600本以上の植え付け完了~\(;゚∇゚)/)

Rimg6096
 (2016年春、展葉・側枝新梢伸長開始!!)

Rimg7664
 (2016年秋、落葉前)

Rimg2187
 (2017年春の様子)

Rimg3543
 (2017年秋、初の僅かながらのお試し収穫前!!)

Rimg71172
Rimg7645
 (そして今年!! 2018年春夏の様子です!!)


これまでの長い道のりを再び振り返り、

こうして自信を持って梨販売を本格的に開始出来るようになった歓びを、皆様と分かち合いたく!


2018年度版、梨の販売価格表を作成! 梨の予約販売受付を開始いたします!! (゚0゚ ) (※秀品(ご贈答用)のみ。 優良品(ご家庭用)は収穫を開始してからの販売開始となります。)

2018
(↑↑こちら自家製2018梨販売概要。 画像クリックで拡大いたします)

2018_2
「nashihanbai2018_guide.pdf」をダウンロード

(↑↑そしてこちらもっと見やすく! 依頼完成した直接販売用チラシのPDFデータをダウンロードしてご確認ください)


― スクスク農場の梨の品種ラインナップ ―

Photo

・新甘泉(しんかんせん) 収穫時期・・・8月下旬~9月上旬

Photo_2

・秋栄(あきばえ) 収穫時期・・・8月下旬~9月上旬

Rimg4052

・秋甘泉(あきかんせん) 収穫時期・・・9月中旬頃

Rimg3910

・夏そよか 収穫時期・・・9月中旬頃予定 (※販売は2019年度より開始です!!)

Rimg4195

・あきづき 収穫時期・・・9月下旬~

Rimg51352

・王秋(おうしゅう) 収穫時期・・・10月下旬~


平年8月下旬から収穫予定の新甘泉/秋栄に始まり、10月下旬からの王秋まで、合計6種類の梨を、リレー形式でお届け出来るラインナップ!

Tottoriichi_rogo
https://tottori-ichi.jp/tenpo.php?id=711

↑↑ご購入は販売サイト"とっとり市(いち)"ショッピングモール内"スクスク農場"でのご注文か、

「nashihanbai2018_FAX.pdf」をダウンロード

↑↑FAX、メール、電話でも注文を受け付けいたします。(↑↑FAX注文用紙もダウンロードでご利用ください。 )

(※電話でのお問い合わせ/注文の場合、日中は外出していることが多くつながりにくい可能性ございます。 予めご了承ください。)

(※直接販売用チラシ表示の送料はスクスク農場の運賃です。 ショッピングモール"とっとり市(いち)"経由の場合は一箱ずつ"とっとり市"の運賃が適用されます。 商品の金額は同じですので、送料の違いと利便性も比べながらご利用ください。)


予約受付開始後も、今年も無事に梨の収穫が開始できるその日まで、丁寧に愛情を込め日々管理を続け、お客様の口元に届く日を夢見ながら頑張って参ります!

どうぞご検討の程よろしくお願いいたします!!

Kajyuen_shot_2
また、スクスク農場梨園は、ナギナタガヤ/クローバー草生栽培や使用肥料100%有機質化を中心に、徹底した排水対策なども心がける、

土作りにもこだわったエコファーマ―認定農家です。

2



にほんブログ村


にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年7月 8日 (日)

今回の雨はさすがに恐怖したけど、大丈夫です!!

さすがに恐れを感じた今回の大雨は、避難指示にもすんなりと同意し避難所で一夜を過ごしておりましたファー民一家。

自宅目の前の千代川もあと1メートルほどの上昇で氾濫かと!? スマホの千代川リアルタイム水位情報釘付けで、ほとんど寝ることも出来ず...

そんな状況下で、いつもの写真撮りは自粛した行動をとっておりましたが、

我がスクスク農場の果樹園の様子は、園内は思惑通りの排水の流れが出来ており、これならこんな大雨でも大丈夫かと少し安心はいたしましたが、

Rimg8204
Rimg8205
野菜圃場が想定外で、明渠排水の流れも勢いよくあるのですが、それ以上に用水路氾濫の侵入水勢いハンパねぇと、ピーク前の夕方でそんな光景でしたから(゚д゚;)

Rimg8215
しかしこちらも翌日に雨が少し落ち着けば水はすぐに引いてくれると、とりあえずの致命的な被害は今の所はなさそうです...^^;

Rimg8212
(大豆鳥避け隊員らの顔の彫りが泥水で更に深く凛々しくなった姿が印象的でした... ちょうど唇下のあごヒゲ状になったところが最高水位だったのでしょう...)

Rimg8226
これまた予想外だったのは、裏庭ミニ圃場が浸水状態にならずで、こんな凹んだ所の水の出口がないどこにそんな排水力があるのかと、この度あらためて見る目が変わった圃場。

Rimg8230
雨上り後最初の仕事は、耐え忍んだお礼の気持ちも込め更に高く伸びて下さいと、

不格好ながらもミニトマト達にはありあわせの資材でネット掛けをしてあげておりましたよ。

Rimg8237
そしてこのタイミングで、野菜圃場の各区画境界に今年種まきしていたバンカープランツ扱いのひまわりたちが順々に花を咲かす動きを見せ始めて、

Rimg8238
今年も作物達は雨風に負けず頑張ってくれておりますよっ!!^^



にほんブログ村


(↑↑しかし今回は相当な恐怖を感じた事態でしたよ!! 目の前の川が氾濫寸前になるなんてこれまでの人生になかったもので・・・^^; 河川の変貌していく姿が、なんだか人間の存在の小ささを感じさせてくれた数日の体験だった自分に、いつもの上、ランキング応援クリック、ポチッとね↑↑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年7月 5日 (木)

今年も早速台風来るのかと、パプリカ本支柱仕上げましたよ!! (゚ー゚

スクスク農場果樹園は、側枝の誘引や徒長枝の摘芯作業なども後半戦にかかり、

仕上げ摘果もあくまで僕の中ではほぼ終了で、自分の中では着果数の確定もしたい所...(恐らく先輩方からはまだまだ物言い食らいそうですが・・・^^;)。

Rimg8124
今年は思惑通りに、通路のクローバーの繁殖も見事に広がり(一部では昨年植え付けた芝生も広がり始めておりますよ!!)、

高く伸びる草も全体的に抑えられるようになりました(草刈り無しでかれこれもう2カ月をたとうとしておりますよ(゚o゚))。

Rimg8131
ただしここまで来ると繁殖の勢いよろしすぎで、樹下ナギナタガヤとの共生が難しいようで、ここでまた一度草刈り大作戦を入れたい所だったりと...

そう! 今度こそ果樹園にじっくりと向かってそろそろ今年の完成形に仕上げてご披露しようよ!! というところではあったんですが、今年も早速の台風シーズン到来か!?・・・^^;

我が梨園の網掛けジョイント仕立ては風には強いご様子で、

Rimg8137
そうなるとまた野菜圃場に下りようかと! 台風対策パプリカ前倒し本支柱設置作業しておりましたよっ!!

Rimg8142
Rimg8148
Rimg8167
おなじみ支柱をV字に等間隔設置して、

Rimg8168
Rimg8174
風も強くなり始めた所で、パプリカの4本主枝を挟み込むように誘引線第一段目設置完了!

Rimg8175
そしてその線にパプリカ主枝誘引してと、

Rimg8176
今年も台風の風に負けるなっ!!、これでどうにか台風接近までには間に合いましたよ(゚ー゚;

Rimg8134
(そして少しずつ、白と紫から収穫が出来るようになったよ(゚▽゚*))


さて、梨園ではもう一つ、

Rimg8182
今年からの網かけ設備の中では無袋栽培が基本ですが、一部の列に袋掛け有袋栽培仕様を進めております(゚o゚ )

Rimg8177
我がスクスク農場の梨園は、ゼロから新規スタートの園。

Rimg8180
新品種を取り揃えてのスタートは、果実の生理障害等、栽培面でもまだまだ未知で色々と工夫も必要とされる品種もラインナップ!

そして鳥取梨栽培の袋掛け文化の中では、袋を掛けてみると障害が軽減するとの噂もちらほら耳にする中で、

それなら我が園でも、せっかくの網掛け設備の下ではありますが、有袋栽培と無袋栽培の仕上がり比較検討を今のうちにしておこうと、

Rimg8187
収穫量の多い順に3品種を袋掛け作業一部開始しています(゚ー゚;

品質の結果次第では、網掛け施設の中でも有袋栽培の方針をとる品種も今後出てくるかもしれませんね...


・・・そして、ついに!! この山の中にもドスンッ、ドスンッ、と電柱現れ、我がスクスク農場果樹園地区にも(゚0゚ )

Rimg8157_2
Rimg8160
電気が流れるように、なったぁ...\(;゚∇゚)/



にほんブログ村


(↑↑電気が来たことによって、果樹園地区もまたこれからさらに可能性広がっていくよね~(゚ー゚) そしたら次は水! それもせっかくなら飲めるやつ!! どこか穴を掘って水を掘りあてたいよね~と、新たな野望燃え上がらせ、この集落の生き字引長老を捕まえては、造成埋め立て前の地形調査、小川の流れていた場所を突き止めたいと、最近夢中になっている自分に、いつもの上、ランキング応援クリック、ポチットね↑↑)

そして、そして、雨降りの自宅では、

Rimg8155

常に裏庭からの出入り生活で、滅多に足を踏み入れる事の無い表庭や玄関の雑草達もここでようやく、きれいさっぱりに・・・(;´▽`A``

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »