カテゴリー「玉ねぎ」の3件の記事

2017年7月 2日 (日)

果樹園は、梨の枝の誘引を始めます!!

Rimg2571
上へ上へ伸びろ!!っと、今年もこちらのお仕事は枝作りがメインでしたが、

Rimg2587
ほぼほぼ側枝の伸びも止まり始めておりまして、

Rimg2586
その枝を伸ばす力を、そろそろ果実の肥大へとシフトするタイミング。

Rimg2576
来年の花芽の着生も促し、来年の実を生らせる枝の姿作りのためにも、

Rimg2573_3
斜め斜めへと、横に枝を倒し誘引する作業を少しずつ始めます!

Rimg2585
樹冠拡大で、来年の樹形が見え始めれば、今年の枝作りの成績も見えてきます。

それはまたのお楽しみに~^^


さて、

Rimg2583
下草芝生化計画区域の方は、芝の苗の植え付け密度UP!! 継続中ですが、

Rimg2584
フェイクな雑草がさらに勢いを増しまして、見た目にはもう7~8割方が芝以外の雑草ですね^^;

Rimg2581
しかし、その下を除いてみれば、mm単位で芝生も確実にしっかりと発芽している!!

彼らが俺に訴えかける!

「光り!! 光をおくれ・・・!! そうすれば僕たちは横へ横へとほふく前進を始めるんだよ・・・」

Rimg2579
そうだよきっと、それが今回の勝機につながるよと、

後程開催予定の草刈りWEEKにまとめて、と思っていましたけれど、

Rimg2589
ここで一度様子を伺いながら、高く高く伸びて日陰を作るフェイクなヤツを半分以上にカット!!(゚ロ゚屮)

Rimg2592
さぁこれを繰り返して、良い結果へとつながる事に期待・・・

Rimg2593

そして、

Rimg2565
こちらも既に雑草の絨毯化してしまった手前下圃場の大豆区画の残る1/3を、とりあえずは種まき優先と、

Rimg2564
どうにかポチ中耕して、部分部分除草しながら、コツコツと手播き完了~(;´Д`A ```

Rimg2597
受託分全量完成ですが、こちらは次! 草対策しないとマズいねっ!!^^;

(・・・奥の有機認証ほ場の大豆は残念ながら6月中の播種終らず・・・^^; 、播種の適期にはまだ猶予があるので、埋め尽くしたい残る圃場は、自家用&種取り用に7月に・・・)


そしてそして・・・

Rimg2553
有機JAS玉ねぎの収穫の全てが終わったぁ\(;゚∇゚)/

Rimg2557
Rimg2599
が、既にもう干す所は無い・・・^^;



にほんブログ村

(↑↑6月中さぼらせていただいていた野菜圃場の草刈りが、7月に入って付けが回ってきましたね^^; こりゃぁ一度、各野菜の管理作業を中断してでも草刈りWEEKに突入しないと大変なことになるなぁと・・・ 今年もここが草に負けない正念場か!? 次回、この超蒸し暑い予報の1週間に、倒れてしまわないギリギリの所で草に勝負を挑みたい自分に、いつもの上、ランキング応援クリック、ポチッとね↑↑ しかし、施設に設備にと・・・ 作業効率を良くしていくためにも、栽培作物の的をもっと絞りながら、少しずつ機械化もだなぁ・・・↑↑)



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月29日 (木)

パプリカは本支柱前の剪定・整枝作業を開始です!!(゚ー゚;

ようやくパプリカは、剪定・整枝作業! いじり始めました!(゚ー゚;

Rimg2524
脇芽・下葉掻き、下から3番めまでの枝分かれ部分摘果は引き続き継続させながら、

Rimg2518
倍々で増えていく枝から主枝を4本に選択チョキンッ!

Rimg2523
一度決めたこの主枝4本を、これから出来るだけ維持していく事になります。

Rimg2525
Rimg2547
 (そして、下草落花生に昼間のホタル・・・(゚ー゚))


そして、

Rimg2506
この時期の雨降り作業はしばらく、果樹園の芝苗植え付け作業に決定!

Rimg2507
ジワジワとフェイク雑草の勢いに押されている状況下で、

Rimg2509
Rimg2511
こちらもジワジワと、芝生の密度を増やしていく・・・

よく観察すると、数cmに伸びているフェイク雑草の下に数mm単位で芝がしっかりと発芽しているのが確認できます。

これは、この梅雨の間の芝苗植え付け密度UP作業が終り次第、

秋まで頻繁な草刈りを高刈りで続け、低い芝に日光が当たる環境を作り続け、

地面を這い覆い尽くしてよ大作戦に次、切り替えます!!


そして玉ねぎなんですが、 えぇっ!

Rimg2538
玉ねぎって収穫するとこんな量あるのね~っと、

Rimg2530
収穫量の感覚が全く無いままに、当初の干場が収穫1/4で占領~(゚ー゚;

Rimg2534
こうなりゃ、家中360度パノラマ玉ねぎビュー!!

Rimg2535_2
少しでも干せる所を見つけては吊るし続け、

Rimg2537
玉ねぎ屋敷を作ります\(;゚∇゚)/



にほんブログ村


(↑↑もう一つ倉庫か何かの施設! もう一つ何か建物がないと何をするにも限界が見えて来てますね・・・^^; 果樹園や野菜圃場や家の近くには該当する建物は無いので、作業場目的のビニールハウスを建てるか、それともまた別の新たな集落に該当物件を探しだすのか、どちらかが急務な自分に、いつもの上、ランキング応援クリック、ポチッとね↑↑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月25日 (日)

梨の袋がけが終了~\(;゚∇゚)/

Rimg2365_2
今年はほんのちょいとだけお試しに実をつけておりますスクスク農場果樹園に、

Rimg2383
Rimg2376
これから収穫するその日まで、様々な外的要因から実を守るために袋をかけてあげる作業!

Rimg2382
来年からは果樹園全体に網をかけてあげるので、この作業も今年が最初で最後の予定!

Rimg2499
我が園は様々な面から省力化も目指す園でもございます^^


さて、

袋をかけた枚数により、暫定的な収穫数量見えてまいりました!!(゚ロ゚屮)屮


新甘泉 ・・・ 398玉 (スクスク農場の主力品種。 現存国内出荷梨でおそらく糖度最高峰!! 我が園でも糖度14℃越えに期待!! 摘果作業で良形選択に苦労。 収穫:8月下旬頃~)

・ 秋 栄  ・・・ 160玉 (鳥取大学が開発の有望品種。 果肉のみつ症状を抑えながら上手に作れれば、こちらも新甘泉に負けず劣らずで、我が園で可愛がって育てております。 収穫:8月下旬頃~

秋甘泉 ・・・ 153玉 (新甘泉に続く高糖度リレー品種。 こちらも皮がデリケート等育てるのに気を使う品種ですが、将来性に期待して秋栄同様可愛がっております。 収穫:9月中旬頃~

あきづき ・・・ 101玉 (個人的に新甘泉の次に大好きな梨。 上の3品種にリレーしてこの時期にまだ美味しい梨が食べれるなんて最高! 栽培面では枝作りが難で、果肉障害も? 収穫:9月下旬頃~

・ 王 秋  ・・・ 18玉 (11月に入ってもまだまだ食べれるよの大きな梨。 晩生種でも早生種に負けず劣らずに美味しく、保存方法によっては翌年になっても十分に食べられて、リレー販売戦略でもスクスク農場で有望視している梨です。 栽培面では果肉障害や落果が心配。 収穫:10月下旬頃~

・夏そよか ・・・ 0玉 (スクスク農場唯一の青梨品種で、おそらく全世界でスクスク農場だけが作る品種(゚0゚) デビュー当時の沢山の同等ライバル品種から押しのけられ、生産特徴情報少ないが、ほのかな香りは抜群とのこと!! そんな脚光を浴びることなく消えつつある品種を拾い上げ勝負してみるのも面白いかと、改めてスターダムにのし上がることに期待^^; 出来栄えは未知の世界!!(゚o゚) 収穫:8月下旬頃~)


全体的に予定より着果個数が多く、このまま問題なく育てられれば、今年から少しでもお金に変えるべきだよねと、

あらためて気持ち張りきり頑張っておりますよっ!!


そして、

しばらく忘れられていた(^^;) 有機JAS玉ねぎの収穫も、奥様が中心に開始いたしました~!!

Rimg2471
こちらの有機JAS認定作物。 様々な規則・約束事にがんじがらめで、これまでのなんちゃって自称有機栽培とは違い、

Rimg2472
何かトラブルが起きても、あれはダメ・これはダメと、簡単に手出しは出来ず、もう自分としては雪解けの追肥作業からは、ほぼ放任状態でしたが・・・(奥様はそれでも懸命に見守り続けておりましたよ^^;)

春には病気がち(おそらくベト)と過乾燥でも特に対策出来ずでしたが、今年はどうにかこうにかここまで来た感じですかね(;´▽`A``

さぁ、

ここからも気を緩めず最後まで規則に従って、

Rimg2486
Rimg2482
しばらく裏庭は、玉ねぎ農家です(゚ー゚)



にほんブログ村


(↑↑スクスク農場の有機JAS栽培の唯一のメリットは、買い手があっての栽培開始なので、生産物に買取保証を付けて栽培に挑戦出来るのが心強い所です。 僕は有機栽培論者ではないのですが(当初はその方向性もにらんでおりましたが、現状を把握するにつれ、一方考ではいけないと思うようにはなっております)、果樹園を成園化させるまで、現在の経営形態に収入源の一つとして導入メリットは感じております。 いや~ぁ、しかし、この日本の気候・環境で、専業農家が生産性も求める有機無農薬栽培をする、とても厳しい状況も垣間見えるようになってきた自分に、いつもの上、ランキング応援クリック、ポチッとね↑↑ 今のうちに様々な角度から勉強・経験ですよっ!!↑↑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)